<< Prev. page 14/17 [ | 1 | | 2 | | 3 | | 4 | | 5 | | 6 | | 7 | | 8 | | 9 | | 10 | | 11 | | 12 | | 13 | | 14 | | 15 | | 16 | | 17 | ] Next.>>

茨城くみ子
バター、オイルなしでもこんなにおいしい ふとらないお菓子

文化出版局
2005/04/17 第1刷
1500yen(税抜き)
ISBN4-579-20935-4
油をそんなに敵視しているわけではありませんが、とりあえず無くて美味しけりゃいいのではと思い買ってみました。でもね、でもね、ドーナツはやっぱり油でカラリと揚げた方が断然美味しいと思いました。これ、パンじゃん。病気で油を摂ってはいけませんと言われない限りそこまでオイルカットしない方が宜しいかと思います。そもそも食べなきゃいいんだし。
松浦弥太郎
BOOK BLESS YOU!

マガジンハウス
2001
1700yen
リラックスライブラリーでジャエイムス・ジャーヴィスが出て
るのを探していたら一緒に見つけてしまった。GINZAに連載さ
れていたというのは買ってから知りました。だって、タワーレ
コードでぴっちりビニールをかけて売られていたんですもの。
一応買うときに中をパラパラと見せてはもらったけど。内容は
充実しているしCDも付いていたけど、カラーじゃないし書き
下ろしではないので価格が高いと思う。
松橋利光
福蛙 カエル・ポストカード

矢島きら 文
光人社
2004/12/07
900yen(税抜き)
ISBN4-7698-1214-0
あっ、この表紙、似てる!カンフーハッスルで火雲邪神がやる蛤蟆功(蛙の跳躍力で敵にぶつかっていく技)の顎下に!えっ、ゲロるの?と思わせておいて実は蛙技だったんですよね。でも、なんで? それって強いの???と、映画の話題は置いておいて、この本の中にまるで黒漆に金箔をまぶしたような蛙の去って行く後ろ姿があるんですが、造形物としてどうよ。このままでじっとしていれば国宝もんじゃあないのか?
田川啓二
フレンチテイストのビーズ刺繍

文化出版局
2001/02/26 第一刷 2001/05/25 第二刷
1600yen
4-579-10866-3
田川さんの手業の素晴らしさに驚いてしまった。ホ〜っとため
息モンです。
山崎まどか
ブック・イン・ピンク

晶文社
2004/02/05 初版
1600+80yen
ISBN4-7949-6603-2
タイトルは「プリティ・イン・ピンク」のもじりですね。私も、
モリー・リングウォルドのこの映画大好きです。山崎さんにし
て本箱がたったひとつとは畏れ入谷の鬼子母神ですが、たしか
に本やCDやDVDなんていうものは収集が趣味としか言い切
れなくなってきてしまうもんです。最近図書館も入りきらなく
なった本は、廃棄なんていうスタンプをばっこんばっこん押し
て、どうぞお持ち帰り下さいなんだから、本当に好きな本は手
元から離せません。ほんの一握りの有名作家の本だけが図書館
に残ってるのかも。内容の善し悪しに関係なく処分されている
みたいなので。山崎さんの本棚紹介でもあるこの本、この本達
さえ読破すれば乙女なのだわと大誤解する女子がいないことを
望みます。これは、まどかさんを構成する本達に過ぎないのだ
から。そうはいっても、自分の好きな人が知らなかった分野の
本を紹介してくれるのは、無駄買いせずにすむので、本当に便
利です。それと山崎さんも、古本屋さんで収集しているみたい
なので、今手に入りにくい、もしくは図書館にも置いてないか
もしれない分野の古本だったりすると読みたいのに読めないジ
レンマに悩まされるかもしれません。“おいしい話に目がない
人の本棚”の中の「ニューヨーク・デリ」は、私もニューヨー
クへ行った時に持参していきました。もう、どの店もどの店も
行ってみたくて。今も普通に本屋さんで売っているので、断然
お勧め。濃厚な夢(夜寝てみる方じゃなくてね)を見られます。
柳沢小実
ふらりふらり帖

新泉社
2005/04/04 第1版第1刷
1500yen(税抜き)
ISBN4-7877-0507-5
この表紙タイトルの“ふらりふらり”の書体がスゴく好き。手帳の帖にこの文字を使うところは、山崎まどかさんと共通。びっくりしたのは、この時同時に買った「手紙を書きたくなったら」に同じ切手が載っていた事。2冊お持ちの方がいらっしゃったら、「ふらりふらり帖」の39頁を右に「手紙を書きたくなったら」の84頁を左に置いてみると、あらびっくり、ほぼ同じ位置に提灯の切手が見られます。“ふらりふらり帖”の部分は、WEBで書いていた日記だそうです。現在も更新中。
堀井和子
堀井和子の気ままな朝食の本

白馬出版
1988/06/30
1800yen
ISBN4-8266-0177-8
堀井さんの著書第2冊目。パンに続いて朝食の本。副題は、「気持ちのいい朝に食べたいおしゃれな朝ごはんのいろいろ そのお話と簡単レシピ」です。パンの本の時は、読み物は読み物として分かれていたのが、ドッキングしてる。レシピとお話が混ぜこぜになってます。それにしても本当に写真が美しい。写真も文もイラストも全部堀井さんの手になるものなのだそうだけれど、15年以上経った今(2005年)とまったく変わらない堀井ワールドが展開されていて驚く。きっとものすごおく頑固な人なんだろうな。自分のこだわりに対して。そういうコアになる物が早い時期にしっかり確立できるなんて、すごく幸せなことだと思う。
堀井和子
堀井和子の気ままな気ままなおかしの本

白馬出版
1989/11/15 第1刷
1860yen(税込み)
ISBN4-8266-0203-0
副題は、「デザート・タイムのとっても簡単なレシピ・ノート」です。これはこのシリーズ最後、6冊目の堀井さんの本で、この本ではまた写真、文、イラストを堀井さんが手がけています。余白は、動物の置物等を撮った写真でまとめられている。ごてごてとグラマラスなケーキはやっぱり無くて、焼き色の美しいシンプルなおかしが多いです。色を添えているのは完熟したベリー類。これはダイアリーと同じく、半透明のプラスチックカバー入り。
堀井和子
堀井和子の気ままなパンの本

白馬出版
1987/12/25
1800yen
ISBN4-8266-0168-9
堀井さんの著書第1冊目(だと思う)。スパイラルで綴じられていて、ぷくぷくの段ボールみたいなオレンジ色の紙の箱に入っています。この装丁自体、とっても新鮮!副題が、「ニューヨークで出会ったいろいろな国のいろいろなパン そのお話とレシピ」となっています。同時期にポストカードもいっぱい売られていて、しかも堀井さんのポストカードにつられてか似たような感じの美味しそうでいてスタイリッシュなポストカードもいっぱい売られていました。同じ年か次の年には、同じスパイラル綴じの堀井さんの写真が1頁おきに入ったダイアリーも売られていました。もともとは、so-enでの連載がこの本の出るきっかけだったのでしょうか?その頃読んでいたLeeでは、粉料理研究家とかって肩書きが付いていたような気がします。この本は最初の4分の1ほどが、読み物になっていて、残りがパンのレシピになっています。だけど、本当に写真が素敵で、スパイラルなのをいいことにレシピが書いてある方をくるりと後ろに回して、写真として部屋に飾りたいほどです。今はもう白馬出版はないと思いますが、こんな斬新でステキな本を世に送り出してくれて本当にどうもありがとうございました。
堀内誠一
雑誌づくりの決定的瞬間 堀内誠一の仕事

木滑良久責任編集
マガジンハウス
1998/09/17 第1刷
5000yen(税抜き)
ISBN4-8387-0986-2
買ってあった事も持っていた事もすっかり忘れていた。読み返してみたら、時代を経ても全然色あせない堀内誠一さんの仕事ぶりに改めて圧倒された。ジェーン・バーキンがどの時代を見ても、オシャレなように、中心にある核(その時代その時代に一番カッコヨクとんがらせるものの核)をぎゅっと掴んでいれば、時間を超越する事が出来るのだと思う。


<< Prev. page 14/17 [ | 1 | | 2 | | 3 | | 4 | | 5 | | 6 | | 7 | | 8 | | 9 | | 10 | | 11 | | 12 | | 13 | | 14 | | 15 | | 16 | | 17 | ] Next.>>